Menu 少なく借りる | 平家工房下関―平家工房グループ・無理のない家造り―下関市平屋専門住宅

少なく借りる

住宅ローンは少なく借りる

住宅購入のための簡単な資金計画例を立ててみましょう。


土地に関する費用

まず、土地を購入したとします。すると土地を自分の名義にするための登記費用がかかります。

仲介業者がいれば仲介手数料もかかりますね。

大型団地なら、集会場を建てたりするための団地負担金がかかるケースがあります。

しばらくすると、不動産所得税という税金もかかってきます。


計算してみましょう

土地代 1,000万円
+ 仲介手数料 約37.5万円
+ 登記料 約15万円

+ 負担金・取得税 約17.5万円
1,085万円


建物に関する費用

今度は建物本体の価格と屋外給排水工事などの付帯工事費用、その他諸経費について見ていきましょう。
(敷地の大きさや建築場所によって、建築代を「本体工事」と「付帯工事」に分けるのが一般的です。)

諸経費としては、建物登記費用、火災保険料、保証人をたてない代わりに保証保険料等がかかります。

家が出来上がると、次はエクステリアとインテリアです。
カーポートなどの外構工事、カーテンや照明器具。引越費用なども考えておかなければなりませんね。


計算してみましょう

建物本体 1,500万円
+ 付帯工事 120万円
+ 諸経費 145万円

+ 外構工事 100万円
+ 照明・引越 50万円
1,915万円


土地代 + 建物代の合計 (このケースだと2,500万円) で建つと思っていませんでしたか?

ところが、実際は3,000万円の資金を用意しておかなければならないという結果になりました。

例え頭金を500万円入れていも、住宅ローンは2,500万円。

金利2%・35年返済で計算すると月々82,815円を返済していくことになります。

しかし、これは一般的なことですが、建築場所・住宅ローン借入先・建築業者によっては、金額にかなりの差が出てきます。


資金計画のポイント

  1. 住宅ローンの借入は2,000万円以内に。

    自己資金を使うか、親のスネをかじること。

  2. 住宅ローンの返済は年収(税引き前の収入)の20%以内にする。

    例)年収400万円の方なら、年間80万円、月々6.6万円以内

    これはあくまでも、主人ひとりの収入で考える。奥さんの収入は考えない。

  3. 月々のローン返済は今の家賃と同程度か、それ以下。


これが私の勧める資金計画です。目安として

「土地 500万円 以内」、
「建物 1,200万円 以内」、

「諸経費他 300万円 以内」、
「総トータル 2,000万円 以内」

これを目安に計画を進めてみてください。


続きは、小冊子にてお伝えします。